高島 勇二は人とパソコンを繋ぐためにマウスコンピュータージャパンを作った

バナー

高島 勇二は人とパソコンを繋ぐためにマウスコンピュータージャパンを作った

パソコンを使う上でマウスは非常に役に立ちます。
キーボードと並び、パソコンを動かす2大入力装置だと言えます。
少なくともこの2つがあれば、パソコンの基本操作には困りません。
入力装置には他にも、音声入力装置、カメラ写真機能などがありますが、それらはオマケに近いものだと思います。
また、市販されているパソコンでは感度もそこまで優秀ではありませんので、これらの機能はほとんど使わないのではないでしょうか。
最低でもマウスがあれば、パソコンの大抵の機能を駆使することが可能なのです。

高島 勇二が代表取締役社長兼会長を務めるMCJは、今年で創立19年になります。
年数に限って言えばそろそろ中堅と言えるかもしれませんが、その事業レベルは大手と呼べるほどに成長しています。
高島 勇二の会社は主に、パソコン本体およびパソコン関連製品を開発・販売しています。
パソコンは今や社会を形成する上で欠かせないアイテムで、一般家庭・オフィス、どこに行っても見かけるようになりました。
中には喫茶店でマックを操作している人も居ると思います。

パソコンと人を結びつけるものとして、高島 勇二はマウスを例に取っています。
最も重要な出力装置になりますので、パソコン操作にとってマウスは欠かすことの出来ないアイテムになります。
それゆえ高島 勇二は社名に「マウス」の文字を入れたのです。
人とパソコンを繋げるという意味で、高島 勇二は「マウスコンピュータージャパン株式会社」を発足したのです。

そんな高島 勇二の会社ですが、実はマウス単品を販売していません。
デスクトップパソコン一式でしたらマウスは付いてきますが、オプションパーツ単品での販売は高島 勇二の会社はしていない模様です。
マウスに関しては競合他社が多いので、高島 勇二の会社はそれ単品での市場への参入はしないのだと思います。

パソコン本体に関しては、MCJは一級です。
パソコンが欲しい方はMCJのグループ会社である、株式会社マウスコンピューターの通販サイトを利用するのはいかがでしょうか。

Copyright (C) 2016 高島 勇二は人とパソコンを繋ぐためにマウスコンピュータージャパンを作った All Rights Reserved.